スポンサーリンク

【読書】影裏

読書

普段はあまり読むことがない純文学の「影裏」を読んでみました。

短編小説であるため、ものの1時間程度で読了できます。

第157回の芥川賞受賞作であり映画化されていたため、ずっと気にはなっていました。

読了してみて、ストーリー全体として個人的には好みでした。

純文学独特の自然描写や人間関係をやんわりと想像させる表現等、感心させられました。

場面展開ははっきりとしておらず、好き嫌いがありそうですが、あえてはっきりさせない展開にすることでストーリー全体がまとまっているのではないかと感じました。

つまりは行間を想像すること、または読み解くことですね。

読み返すごとに違った視点でストーリーを楽しめると思うほど、深いものに仕上がっている部分も特徴だと思います。

それゆえに、丁寧にストーリーをさらう読み方をせず、さっと読み流すとあっけなく、??で終わってしまうこともあるかと思います。

純文学によって人間関係の機微に触れることはいつも新鮮であり、心が洗われるような気がします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

影裏 [ 沼田真佑 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/11/11時点)

楽天で購入

 

「影裏」は純文学作品としてオススメです!