2020-12

読書

【読書】きみの正義は 社労士のヒナコ

本書は「ひよっこ社労士のヒナコ」の第2弾になります。社労士関連のお仕事小説ということで読んでみました。前作に引き続き、短編で構成されているため、サクサクと読めましたね。 ご参考にどうぞ!
読書

【読書】隠れ貧困

「老前破産」に引き続き、経済評論家であり、ジャーナリストでもある荻原博子氏の「隠れ貧困」を読んでみました。本書のサブタイトルは「中流以上でも破綻する危ない家計」です。以下に、本書を読んでの感想をまとめてみました。 ご参考にどうぞ!
読書

【読書】老前破産

経済評論家であり、ジャーナリストでもある荻原博子氏の「老前破産」を読んでみました。 本書の「年金支給70歳時代のお金サバイバル」といったサブタイトルに惹かれまして。 ご参考にどうぞ!
社労士試験

【社労士試験】私なりの勉強手法(1コマ当たりの勉強時間)

私は社労士試験に2回挑戦しました。2回目となる今年度(令和2年度)の試験で合格したわけですが、それには1回目が不合格の反省が活かせたことが非常に大きいと考えています。 今回は私なりの勉強手法の1つをお伝えします。ご参考にどうぞ!
読書

【読書】就業規則に書いてあります!

労務管理のお仕事小説とのラベルに興味を持ち、読んでみました。 ご参考にどうぞ!
社労士

【社労士】令和3年度の労災保険率について

労災保険率は社労士試験にて出題が狙われる部分になります。過去には計算問題も組み合わされた形式で出題がありました。計算自体は簡単ですが。 労災保険率は細かな部分が多いので、ポイントを押さえて覚えることが大事だと思います。今回はそのポイントについてまとめてみました。 ご参考にどうぞ!
中小企業診断士試験

【中小企業診断士試験】受験の決意

FP社労士として開業を模索(準備)しているなかで、同業との差別化を図るべく、「中小企業診断士」を受験することにしました。 当然、1発合格での資格取得を目指します。今回は「中小企業診断士」の受験を決意した理由3点についてお伝えします。
読書

【読書】社労士で稼ぎたいなら「顧客のこころ」をつかみなさい

社労士関連の書籍として、女性社労士として活躍されている長沢先生の本書を読んでみました。
読書

【読書】人生は理不尽

タイトルからしてインパクトのある「人生は理不尽」を読んでみました。本書は佐々木常夫氏が、うつ病の妻と自閉症の長男の世話しながら東レでバリバリと働き、出世していった過程における心構えや人生哲学がまとめられています。
読書

【読書】スゴイ社労士が教える戦略的仕事術

社労士の実務内容を把握するための1つの参考書として、本書を読んでみました。出版は2012年8月とやや古めですが…。 本書は社労士を目指している方の他、社労士として仕事をしていく意向のある受験生にもオススメです!
スポンサーリンク