社労士

スポンサーリンク
社労士

【社労士】令和2年の現金給与総額1.2%減

令和3年2月9日付の厚生労働省によるプレスリリースにて、令和2年分の毎月勤労統計調査の結果速報が公表されました。 この結果から経済や雇用の状況を把握することができます。ご参考にどうぞ!
社労士

【社労士】完全失業率(2020年平均)の結果

令和3年1月29日付で総務省統計局より、完全失業率(2020年平均)の集計結果が公表されました。完全失業率を知ることで、感覚的に捉えていた景気動向の実態を把握することにつながります。
社労士

【社労士】最低賃金の推移

今回は、賃金関係の規定として毎年見直しの際にも話題となる最低賃金とその推移についてポイントをまとめました。 ご参考にどうぞ!
社労士

【社労士】子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得(法改正)

育児・介護休業法施行規則等が改正され、子の看護休暇や介護休暇が時間単位で取得できるようになりました。労働者にとって今回の法改正は、柔軟な休暇取得につながるため、メリットは大きいと思います。 法改正のポイントについて整理しましたので、ご参考にどうぞ!
社労士

【社労士】高年齢者雇用安定法の改正

令和3年4月1日より改正高年齢雇用安定法が施行されます。 少子高齢化が急速に進行し人口が減少する日本において、働く意欲やスキル(体力)のある高年齢者がより一層活躍できる環境整備を図ることを目的とした法改正になっています。 ご参考にどうぞ!
社労士

【社労士】令和3年度の労災保険率について

労災保険率は社労士試験にて出題が狙われる部分になります。過去には計算問題も組み合わされた形式で出題がありました。計算自体は簡単ですが。 労災保険率は細かな部分が多いので、ポイントを押さえて覚えることが大事だと思います。今回はそのポイントについてまとめてみました。 ご参考にどうぞ!
社労士

【社労士】令和2年「労働組合基礎調査」の結果公表

令和2年12月16日付で厚生労働省のプレスリリースより、令和2年「労働組合基礎調査」の結果が公表されました。 今回の結果については、社労士試験における「労一」の科目にて出題が狙われるものになります。 そのため、社労士試験として大事な部分を以下にまとめてお伝えします。 ご参考にどうぞ!
社労士

【社労士】AIによる代替可能性は79.7%!?

少し古いですが、2017年9月25日付の日経新聞の記事にて、士業資格の業務内容とAIによる代替可能性について取り上げられています。 たまたま目にした某雑誌からその情報に触れたため、当時の日経新聞の記事を改めて読み、その内容をまとめてみました。 社労士等、士業で生計を立てていく計画の方等、ご参考にどうぞ!
社労士

【社労士】児童手当が「年収1,200万円以上」で廃止!?

本日の各新聞等にて「児童手当」の一部廃止案が大きく取り上げられています。水面下にて今回の廃止案について調整が行われていたようですが、今回、その廃止案の制度設計が明らかにされています。整理してポイントをまとめてみました。 ご参考にどうぞ!
社労士

【社労士】障害者の法定雇用率の引き上げ(法改正)

令和3年3月1日より、障害者の法定雇用率が引き上げになります。 この法改正は社労士試験としても狙われやすいですし、企業(経営者)としても重要だと思います。 そこで今回は障害者の法定雇用率とその法改正内容についてお伝えします。 ご参考にどうぞ!
スポンサーリンク