【中小企業診断士試験】1次試験まで残り60日を切る!

中小企業診断士試験

2021年度の中小企業診断士試験の1次試験まで残り60日を切りました。

あっという間に時が経っている感覚です。

急遽、今年度の受験を決意し、本格的に勉強している途上ですが、このタイミングで改めての強の進捗と今後の見通しをお伝えしたいと思います。

勉強の進捗

全体的には概ね順調に勉強できています。

まだまだ実力(勉強)不足は否めませんが、伸びしろは十分にあります(笑)

ちなみに、使用しているテキストおよび問題集は以下のとおりです。

TAC スピードテキスト
TAC スピード問題集
TAC 第1次試験 過去問題集
TAC 要点整理ポケットブック 第1次試験1日目
まとめシート 前編・後編
スタディング 中小企業診断士試験講座
※すべて全科目

すべて重ねるとかなりの量になりますね。

上記のテキストおよび問題集をやり込むことで本試験に臨む所存です。

今のところ、「TAC 第1次試験 過去問題集」と「スタディング 模擬試験」を除いて、すべて複数回こなしている状況にあります。

そのため、本試験にはそれなりに立ち向かえるような気がしています。

合格レベルにあると断言できませんが。

また、累計勉強時間としては現時点で487hとなっており、今月中には500h超となる見込みです。

500h程度で1次試験に合格されている方もちらほら見受けられ、地頭がよいというか、羨ましい限りです。

現状の勉強時間でも、実力(勉強)不足を痛感することはありますので…。

全科目を勉強してみて、自分自身の苦手というか得点が伸び悩みそうな科目を何となく把握できてきましたので、どのように1次試験をこなすかも考えつつ、引き続き努力していきたいと思います。

今後の見通し

残り60日を切った今、私個人の感覚としては直前期に突入しています。

残りの可処分時間はどれだけ捻出できそうなのか、そしてそれに対して科目毎の勉強時間をどのように割り振るのかなど、プランを練る必要性がありそうです。

また、累計勉強時間としては本試験までに何とか700h超には持っていきたいと考えています。

7月と8月、それぞれ単月で100hの勉強時間を確保できれば、累計勉強時間は本試験までに700h超となる見込みですので、多少の睡眠時間を削ってもやり抜くことを優先するつもりです。

もはや大学受験を彷彿させる状況にあります(笑)

勉強で外してはいけないポイントとして、当然、量より質が大事であることは言わずもがなですが。

そして今年度は、2次試験のことは一切考えず、とにかく1次試験突破に全力投球します。

センター試験(現 共通テスト)に向けて勉強している受験生の如く。

さいごに

やはり受験を決めた以上、手を抜くことは避けたいですね。

お金も時間も費やしていますので、リターンは最大化を図るべきです。

仮に今年合格しなくても来年再受験すればよいと考えれば、勉強の手を休めることはできますが、私の経験上、そのような手の抜き方をしているとドツボにはまって、合格が遠のくことは間違いありません。

人間は易きに流れますので。

やるべきときはストイックにやり込むことはどの資格試験においても共通の鉄則だと思います。

試験は1日1日の勉強を積み重ねたものが結果として現れてくるものなので、後悔なきよう日々を大切にしていきたいと思います。

本試験までストイックに!
中小企業診断士試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイリバをフォローする
スポンサーリンク