【FP】FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

FP

FP(ファイナンシャルプランナー)ってなに?

なんとなく聞いたことがある程度という方が多いのではないでしょうか。

今回は、FP(ファイナンシャルプランナー)について紹介したいと思います。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

日本FP協会

FP技能検定試験を実施している一般社団法人金融財政事情研究会ではFPの紹介として、以下の動画を制作されています。

要するに、「お金の専門家」ということですね。

2種類のFP資格

FPには2種類あります。

その種類分けとしては国家資格扱いの「FP技能士」と民間資格扱いの「CFP・AFP」になります。

まず、国家資格扱いの「FP技能士」ですが、こちらは一般社団法人金融財政事情研究会が実施機関であり、1級から3級まであります。

次に、民間資格扱いの「CFP・AFP」ですが、こちらはNPO法人日本FP協会が実施機関であり、CFPとAFPの2つにレベル分けされています。

国家資格と民間資格で分けられていますが、どちらもFPであることに変わりなく、資格レベルとしては、FP技能士1級=CFPでFP技能士2級=AFPといった感じです。

国家資格のFP技能士には資格更新の継続教育はありませんが、CFP・AFPには2年毎に資格更新の継続教育を受ける必要があることが大きな違いだと思います。

勉強科目

FPとしては以下の6分野が試験範囲です。

■ライフプランニングと資金計画

■金融資産運用

■タックスプランニング

■リスク管理

■不動産

■相続・事業承継

資産運用やマイホーム購入、その他相続対応等、お金にまつわるライフイベントに幅広く対応できるような知識が必要になります。

活用方法

FPとして独立される方もいますし、金融機関内のリテールセクション(個人営業部門等)における業務でのスキルアップ等、さまざまだと思います。

個人的には、FP資格の活用方法については自分自身のため、あるいは自己研鑽の側面が強い気がします。

その理由は、「お金の専門家」と言いつつもFP資格には、独占業務がないことに加えて、確定申告の税務相談等の対応もできないためです。この辺りは欠点だと思います。

しかしながら、FP資格を取得することで確実にプラス面として言えることがあります。

それは、自分自身のためになることです。

お金は生きていく上で切り離すことができないものですし、最近巷でも広がり始めている資産運用においても必要な知識になりますので。

FPに対する個人的見解

FPには国家資格と民間資格があることに加えて、1級~3級まであること、またCFPとAFPがあります。

私は1級FP技能士を取得しているからこそ分かりますが、1級と2級の資格レベル、つまりは必要な知識レベルは大きく違います。簿記1級と2級の違いのような感じです。

それを踏まえてですが、皆さんにご注意というか批判的に見てほしいことがあります。

それは、「FP」の他「資産運用アドバイザー」といった肩書きの名刺で保険会社や証券会社の人が個人向けに営業をしていますが、2級FP技能士やAFPでも「FP」と名乗れますので、2級FP技能士やAFPであればよくよく話を聞いてみてください。何言っているのかよくわからなければ、突っ込んで聞いてみてください。より一層、よくわからない回答があると思いますが(笑)

2級FP技能士やAFPだと、ほとんど金融商品や税制を理解した人はいないと思います。

当然、1級FP技能士やCFPを持っていない人でも優れたFPはいるでしょう。しかしながら、そのケースは本当にマイノリティだと思います。銀行に勤めていた経験則からも。

資格レベルは知識レベルを客観的に担保するものになります。

金融商品や税制は複雑です。そして各保険や投資信託等は一般素人にはうまいことよく見えるようなパンフレットを制作しています。もちろん、素晴らしい商品もあります。ほんの一部ですが。

私は銀行で働いていたこともあり、よくよく事情がわかるのですが、金融機関は知識が乏しい営業担当でも、金融機関サイドの収益性が高い金融商品であれば平気でノルマ達成に向けて顧客に販売しています。当時販売していた私も知識不足は否めません(笑)

FP=「お金の専門家」であることは間違いないですが、FPでも資格レベルによって違うということをご理解ください。

FP
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイリバをフォローする
スポンサーリンク