スポンサーリンク

【ノルマ】2021年の自己研鑽

ノルマ

社会人12年目を迎える2021年が始まりました。

振り返ると、あっという間に時が経った気がします…。

2020年は社労士試験に合格する等、一定の成果は残せましたが、自分自身を律して勉強する時間を確保することができる余地はまだ大いにあったと後悔しています。

特に読書する時間は少なすぎました。

そのような2020年の反省も踏まえて、2021年の自己研鑽とそれに向けての自戒の言葉をこの記事に残しておきたいと思います。

来年度振り返るための備忘録として。

2021年の自己研鑽3点

社労士開業(副業)に向けた知識拡充

まずは事務指定講習をしっかりと受講します。

また、セミナー受講や関連書籍等を通じて、社労士として必要になるであろう知識を身につける予定です。

社労士としての副業も視野に入れて。

数値目標がないため達成水準が分かりにくいですが、成長ぶりを自分自身の中で来年度振り返る(棚卸しする)ことで代替したいと思います。

中小企業診断士試験の勉強

今年度受験(記念受験)するかはまだ決めていませんが、2022年度の合格を目指して、毎月30h以上(年間360h以上)は勉強する計画です。

社労士試験でもお世話になったTACをメイン教材に据えて(現時点ですが)。

社会人としても持っておくことが望ましい知識を身につけることができるため、引続き楽しく勉強したいと思います。

読書

今年度はジャンルを問わず、50冊(週1冊)以上は読みたいと考えています。

社会人として視野を広げる他、感性を磨きたいので。

読書のためにしっかりと時間をつくりつつも、隙間時間を活用したいと思います。

自戒の言葉

1月1日である本日決めたノルマ(目標)をしっかりとこなすべく折に触れて、以下を自戒の言葉としてを焼き付けたいと思います。

自律

自己研鑽しないための言い訳をしない(探さない)ように、安易にラクな道に進まないように、またダラダラと時間を過ごさないように自分自身を律していきたいと思います。

初志貫徹。将来のありたい姿に早く近づくために。

しっかりと成長できる1年にします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村