スポンサーリンク

【読書】舟を編む

読書

本書は2012年に本屋大賞を受賞した作品になります。

映画化されていたこともあり、読んでみました。

以下にて本書の感想をお伝えします。

概要

玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編む仲間として。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、徐々に辞書に愛情を持ち始めるチャラ男、そして出会った運命の女性。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく—。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか。

引用元:「BOOK」データベース

感想

人付き合いの苦手な主人公がかかわる辞書編纂を軸にストーリーが展開されています。

主人公だけではなく、周りの登場人物もストーリーに合わせた感情の起伏や成長が巧妙に描かれており、それが本書に深さを与えています。

また、機微を捉えるセリフに数多く接することができるのも本書の特長だと感じました。

本書のストーリーの軸となっている辞書編纂については、どれだけの労力がかかるのかについて想像したこともない方が多数だと思います。

普段の生活において、辞書は馴染みがなくなってきていますし、今やスマホの浸透によって、紙の辞書はより一層、目にする機会はなくなっていますので。

本書を読むことで気づかされたことですが、辞書は時代に合わせてブラッシュアップされた日本語が編まれており、そこから日本語の豊かさや奥深さを感じ取ることができます。

そのため、地味ながら辞書編纂は非常に価値あることだと思いました。

また、辞書が編集者のほか、学者など複数の協力をもとに膨大な時間をかけて一言一句、編まれているといった背景をストーリー仕立てで把握できることも本書の魅力です。

そこから、辞書に対する見方も変わりましたね。

辞書編纂の大変さ、そしてそこから生み出される日本語の豊かさや奥深さに意識を向けることによって得られる気づきもあるはずです。

改めて、辞書を広げてみたいと思わせてくれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

舟を編む (光文社文庫) [ 三浦しをん ]
価格:682円(税込、送料無料) (2021/3/26時点)

楽天で購入

 

辞書の価値に気づかされる一冊です!