【社労士試験】合格者の属性

社労士試験

今年度の本試験の合格発表まで後10日になりました。

本試験から合格発表まで2か月超と長いですよね…。

各資格学校が予想されている合格ライン前後の方だと、なかなか落ち着かない日々を過ごされているかと思います。

今回は合格発表間近ということもあり、参考までに直近3年間の本試験合格者の属性について調べてみました。

どのような方(年齢や職業等)が合格されているのか気になる方はどうぞ!

※過去の合格率は以下のブログにてお伝えしています。

【社労士試験】合格者数と登録者数
現在、合格者が社労士としてどの程度登録しているのかについて気になったため、社労士試験の合格者数と登録者数について調べてみました。社労士として将来的な開業を見据えている方であれば、業界動向を把握する1つの情報になるかと思います。ご参考にどうぞ!

年齢

まずは年齢です。

年齢201720182019
20歳代以下10.0%9.2%8.2%
30歳代30.7%29.5%33.1%
40歳代31.2%32.8%31.5%
50歳代19.6%19.2%18.8%
60歳代8.5%9.3%8.4%

引用元:第49・50・51回社会保険労務士試験の合格者発表 厚生労働省

30歳~40歳代がボリュームゾーンになっていますね。

また毎年、最年少と最高齢の合格者も公表されています。
  • 2019年(第51回)の最年少者20歳、最高齢者75歳
  • 2018年(第50回)の最年少者20歳、最高齢者84歳
  • 2017年(第49回)の最年少者17歳、最高齢者74歳

職業

続いて職業になります。

職業201720182019
会社員59.1%57.4%58.9%
無職13.6%13.6%13.4%
公務員5.9%6.2%7.7%
団体職員5.3%5.3%5.2%
自営業5.8%5.2%4.3%
役員2.4%3.1%3.1%
学生0.4%0.5%0.5%
その他7.5% 8.7%6.9%

引用元:第49・50・51回社会保険労務士試験の合格者発表 厚生労働省

毎年、会社員が半数以上を占めています。

「その他」のセグメントとして主婦(主夫)も合格されていると思われます。

改めて、幅広い層から合格者が出ていることが分かりますね。

性別

最後に性別になります。

性別201720182019
男性63.8%65.1%63.4%
女性36.2%34.9%35.7%

引用元:第49・50・51回社会保険労務士試験の合格者発表 厚生労働省

ほぼほぼ変わらない比率で推移していますね。

まとめ

合格者のボリュームゾーンは30歳~40歳代の会社員になっています。

つまりは、合格者の半数以上が基本的には仕事もバリバリとこなしていると想定される世代であり、社労士試験の勉強もバリバリとこなして合格しているわけですね。

社会人(サラリーマン等)として普段の仕事をこなしながら(+家事等もあります)、社労士試験に合格することは並大抵のことではないと思います。

個人的な実体験からも…。

また、最高齢合格者が75歳や84歳となっていることには驚きですね。

その年齢になっても向学心を持ち、実際に結果も出していることは尊敬に値すると同時に自分自身ももっと頑張らねばと刺激を受けました。

社労士試験は年齢も職業も幅広い層が合格しています!
社労士試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイリバをフォローする
スポンサーリンク