スポンサーリンク

【社労士】社労士の認知度

社労士

社労士ってどの程度の認知度なのでしょうか?

私は前職での銀行員時代に、何度か業務関係で社労士の方と名刺交換をしたことがありますが、恥ずかしながら何をされているのかさっぱり知りませんでした(笑)

興味関心もなかったので、難関資格であることすら知りませんでした。

ですが、一般的には私と同じような認識の方が多いのではないかと思います。

一応、8士業にカテゴライズされており、試験も難関なのですが…。

今回は社労士の認知度について調べてみました。

ご参考にどうぞ!

社労士の業務内容

まずは、社労士の業務内容を以下にまとめてみました。

社労士の業務は1~3号で区別されています。

1号と2号がいわゆる独占業務になり、3号のみ社労士以外の方でも携わることができます。

1号~3号のそれぞれの業務内容は以下のとおりです。

1号業務

  • 労働及び社会保険に関する法令(以下「労働社会保険諸法令」という。)に基づいて申請書等を作成すること。
  • 申請書等について、その提出に関する手続を代わってすること。
  • 働社会保険諸法令に基づく申請等について又は当該申請等に係る行政機関等の調査若しくは処分に関し当該行政機関等に対してする主張若しくは陳述について代理すること。

引用元:e-Gov「社会保険労務士法」

社労士業務における「手続き代行」がこの1号業務にあたります。

2号業務

  • 労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類(その作成に代えて電磁的記録を作成する場合における当該電磁的記録を含み、申請書等を除く。)を作成すること。

引用元:e-Gov「社会保険労務士法」

社労士業務における「帳簿作成」がこの2号業務にあたります。

3号業務

  • 事業における労務管理その他の労働に関する事項及び労働社会保険諸法令に基づく社会保険に関する事項について相談に応じ、又は指導すること。

引用元e-Gov「社会保険労務士法」

社労士業務における「コンサルティング」がこの3号業務にあたります。

この3号業務のみ独占業務ではないため、税理士などの士業の他、一般的なコンサル会社なども参入できる状況にあります。

社労士の認知度

上記、社労士の業務内容を踏まえて、社労士はどの程度の認知度なのでしょうか?

その点についていろいろと調べてみたところ、平成28年3月14日に全国社会保険労務士連合会がプレスリリースした「社労士のニーズに関する企業向け調査結果について」から社労士の認知度やニーズを把握することができます。

少し古いですが…。

結果は以下のとおりです。

  •  回答企業6,921社のうち、96.7%が社労士を認知しており、56.4%が現在社労士を利用
    していると回答した。
  •  現在顧問社労士がいる企業3,731社のうち、74.7%が人事・労務面に関する「相談業務」
    についても依頼していると回答した。
  •  回答企業6,921社が認識している「人事・労務管理面における課題」は、求人・採用
    後の育成(55.8%)、雇用の多様化への対応(55.5%)、賃金・年金制度(55.2%)の順
    であった。
  •  また、これらへの対応について、全ての項目において、社労士への満足度が最も高い
    ことが明らかになった。

引用元:平成28年3月14日付 社労士のニーズに関する企業向け調査結果について 厚生労働省

アンケートの調査概要は以下のとおりです。

■調査実施時期
平成 26 年 11 月 27 日~平成 26 年 12 月 15 日
■調査対象
企業データベースより従業員規模別に経済センサスに基づいて割り付け無作
為に抽出した企業
■調査票発送数
25,000 社
■調査方法
郵送法
■有効回答数
6,921 社(回収率:27.7%)
■調査委託会社
みずほ総合研究所株式会社

引用元:平成28年3月14日付 社労士のニーズに関する企業向け調査結果について 厚生労働省

アンケート対象が「企業」ということもあり、なんと96.7%が社労士を認知しているという結果でした。

「企業」という括りだと人事セクションがあることから、給与計算や労務相談等を通じて社労士の存在を認知していると思われます。

人事セクションに関係ないサラリーマンや一般的な社会人だと、96.7%のような高い認知度にはならない気がします。

普段生活していて、社労士と接点が多い方はそこまで多くはないと思いますので。

また、56.4%が現在社労士を利用しているとのことで、約半数にてニーズが生じているようです。

やはりこのあたりの数字を見ると、独占業務があるとはいえ、なかなかニーズの掘り起こしができていない実情が見えてきますね。

まとめ

私は社労士の1~3号業務について、社労士試験の勉強を始めるまで、ほぼほぼ知りませんでした。

独占業務があったことすら知りませんでしたので(笑)

全国社会保険労務士連合会による「社労士のニーズに関する企業向け調査結果について」によると、企業単位での認知度は96.7%とほぼほぼ知られているという結果が出ています。

ですが、個人単位でみるとどうなのでしょうか?

個人的にはあまり知られていない気がします…。肌感覚ですが。

少なからず私は新聞のコラム記事等でたまに社労士を見かけることがある程度です。

働き方改革等で社労士としてのニーズは増えてきているようですし、もっと社労士の認知度を上げられるように個人的にも努力したいと思います。

そのためには、社労士としての存在価値、社会的意義の創出ですね!

「企業」における社労士の認知度は96.7%。