【社労士試験】直前期の追い込み効果を上げるためには?

社労士試験

7月に入り、来月には本試験が実施されます。

あっという間にここまで来たと感じている方が多いのではないでしょうか。

すでに直前期と捉えて、仕上げに入ってる方もいるとは思いますが、まだ時間は残されています。

個人的には8月に入ってからが本当の直前期であり、そこでの追い込みで一気に得点を上げることができると考えています。

もちろんそれには相応の条件が必要になります。

そこで今回は、私自身の実体験から直前期の追い込み効果を上げるための条件についてお伝えします。

ご参考にどうぞ!

直前期の追い込み効果を上げるためには?

ここでは直前期の定義を8月とします。

それを踏まえて、追い込み効果を上げるためには以下3点が必要条件となります。

①7月までに全科目を一通り勉強している
②8月に入ってからは新たなテキストを使わない
③毎日全力で勉強する

それぞれについてご説明しますね。

7月までに全科目を一通り勉強している

本試験を受験するにあたって、7月までには最低限、全科目を一通り勉強しておくことはマストだと思います。

理想は手持ちのテキストや問題集の全科目を3週以上こなすといった感じでしょうか。

要するに、7月までに全科目を一通り勉強しておくことで、手持ちのテキストや問題集において8月に知らない、わからないといった論点を出さないようにするということです。

そうすることによって、8月は思い出すこと(想起)に集中した勉強を行い、再インプットの回転率を上げて短期記憶の密度を濃くすることにつなげます。

8月は短期記憶でもよいので、とにかく回転率重視です。

また、8月は仕上げの月です。

そのタイミングで知らない、わからないといった論点が出てくること、つまりは新たな知識を仕込むことは時間的にも望ましい状況ではないと思います。

精神衛生上もよろしくないですし…。

仕上げの月となる8月は今まで勉強してきたことを繰り返し、仮に忘れていたとしても一度仕込んだ知識をもう一度仕込み直すことをオススメします。

その方が新たな知識を詰め込むよりも効率的かつ効果的なはずです。

7月までに全科目を一通り勉強しておくことが8月の追い込みの勉強への弾みにつながりますので。

8月に入ってからは新たなテキストを使わない

これは社労士試験だけでなく、他の資格勉強でも当てはまることだと思いますが、本試験が近づいているにもかかわらず、新たなテキストを購入してしまうことです。

これは個人的には御法度ですね(笑)

私は大学の受験勉強時からこのことをよく見聞きしており、今になってもとても大事なことだと考えています。

本試験が近づくとより一層、他のテキストで取り上げられている問題や論点が気になってしまうことがあるかと思いますが、社労士試験も例外なく、8月に新たなテキストを購入することはオススメしません。

消化不良になることが多いですし、新たなテキストによるインプットに時間をかけるよりも、既存テキストを振り返ることによるインプットの方が効率的かつ効果的です。

また、どのテキストで勉強したとしても、大きな差はなく誤差の範囲だと思います。

社労士試験で不合格を経験し、複数社のテキストを使い回した私の実体験からもそのように感じています(笑)

自身が選んだテキストをしっかりと最後までやり抜くことが大事なことですね。

毎日全力で勉強する

これは言わずもがなですが、ラスト1か月は毎日全力で勉強することをオススメします。

全力とは、量と質ともに自身の最高を追求するといった意味合いです。

社会人であれば、仕事の疲れなどでなかなか集中できないことも多いと思いますが、ラスト1か月くらいは辛くとも毎日全力で勉強してみてください。

短期記憶で一気に知識量を増やすことができますので、ここでの踏ん張りによって一時的ながら得点が急激に伸びます。

その実例として、模試でD判定などの不合格水準から合格を勝ち取った方が主に当てはまるのではないかと思います。

また、私が知っている難関資格や難関大学に合格している方々は共通して、最低限ラスト1か月は毎日全力で勉強していました。

締め切り効果も追い風にして。

ここでやり抜くことができるかどうかが合否を決めることにもつながるはずです。

ゴールは見えていますので、本試験当日の体調を崩さない程度に毎日全力で勉強してみてください。

さいごに

今年の8月は東京オリンピックが開催されるため、世間一般は例年よりは賑やかになりそうですね。

コロナ禍にありますが…。

上記でもお伝えしたとおり、8月は本当の直前期です。

追い込み時期であり、短期記憶でカバーできる最後のチャンスになります。

だからこそ、直前期の追い込み効果を上げることへの価値は高くなります。

私の実体験からも、直前期は精神的にも体力的にも辛いと思いますが、それは受験される他の方も同じです。

いわゆる根比べの勝負です。

今年の本試験で絶対に合格したいのであれば、脇目も振らず本試験まで全力で勉強してみてください。

努力は報われることを信じて。

直前期の追い込み効果は絶大!
社労士試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイリバをフォローする
スポンサーリンク