【社労士試験】資格学校選びの基準(通信教育版)

社労士試験

2021年度の合格に向けて、資格学校やテキスト選びで迷われている方は多いと思います。

また、この時期は各資格学校が受講生を集めるべく、頻繁に各種広告を行っているため、余計に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

特にキャンペーンものはこのタイミングで申し込むべきか悩みますね。

そういう時こそ冷静に考えるべきですが。

結論として、どの資格学校を選んだとしても間違いはないと思います。

なぜならば、どの資格学校でも継続的に合格者を輩出していますし、結局はどれだけその教材をやり込んだか否かですので。

数多ある資格学校の中で、私はフォーサイト(1年目)とTAC(2年目)の通信教育を選んで、受験勉強を行いましたが、なぜ私がフォーサイトとTACを選んだのかについて、その基準をお伝えします。

講師が自分に合うかどうか

今は各資格学校における講師の模擬講義をYouTube等により、無料で視聴できます。

資格学校選びで迷われているようであれば、是非、いろいろな講師の無料講義を視聴してみてください。

当然ですが、全然違います。各制度の説明手法や話し方等、違う部分は多いです。

私は可能な限りいろいろな講師の無料講義を視聴した結果、フォーサイトを選びました。

単純に分かりやすかったのが理由ですね。

TACについてはCD講義(一部、DVD講義)を選びましたが、2年目だったということもあり、テンポ重視で選びました。

どの資格学校を選んでも間違いはないですが、なんとなくでも自分に合うものを選んだ方が継続的な勉強につながると思います。

今となれば、資格の大原の金沢先生は個人的にオススメです(今までは個人的にあまり引っ掛かりがなく、受講に至りませんでしたが…)。

YouTubeに何本か動画がアップされていますが、話し方やテンポ、そして内容を含めて、ものすごく考えて制作されていると思います。

本当に分かりやすいです。個人的には完璧に見えています。

費用

どの程度教材が必要なのかについていろいろと調べた結果、資格学校のベーシックな教材セットの他、模擬試験やその他の追加教材購入分を含めて15万前後の予算にしました。

その予算を踏まえて、1年目ではコスパが良いことで有名なフォーサイトを使用しました。2年目でも通信教育ながら独学色が強いTACの独学道場シリーズを使いましたのでコスパよく勉強ができました。

とにかく単年度では15万円を超えない程度の費用で資格学校を選んだ他、必要な追加教材を購入してました。

結局、1年目と2年目を合算した費用は25万いかない程度ですかね。2年目は1年目と比べて相当費用を削りましたので。

どれだけ費用をかけることができるかで選択できる資格学校のコースや教材も変わってくると思いますので、事前によくよく検討しておいた方がよいですね。

まとめ

私は上記2つの基準で、資格学校の通信教育(フォーサイトとTAC)を選びましたが選択に間違いはなかったと思っています。

その理由は、R2年度(第52回)の試験において、足切り・救済を気にしない水準まで得点を伸ばせたためです。1回目の受験では落ちましたが(笑)

フォーサイトによる知識の土台が築けたからこそ、TAC(独学道場コース)が活きたような気がしてます。

結果良ければすべて良しというわけではないですが、継続的に2年間かけて勉強することができたのは選んだ教材が自分に適していたからだとも思っています。

資格学校選びは基準をもって、慎重に決めてください!

社労士試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイリバをフォローする
スポンサーリンク