【社労士試験】5月に勉強した内容について

社労士試験

GWがあり、一般的には通常月より休みの多い5月に入りました。

今年の私のGWは昨年と変わらず、息抜きしつつも勉強中心の生活となりましたね。

家にこもって勉強することはなかなか大変なので、カフェなどで勉強したいところですが、コロナ禍でもありやや気が引けます…。

とはいうものの、試験日は迫ってきますので、勉強しなければいけませんが。

今回はGWといった連休のある5月(2019年と2020年)に私がどのような勉強をしていたかについてお伝えします。

ご参考にどうぞ!

◆直近1年間単月の勉強時間の推移は以下のとおりです。

【社労士試験】1年間単月の勉強時間の推移
社労士の受験勉強としてはおおよそ1年といったプランでの講座開講が多いのではないかと思います。今年度受験した本試験に向けての直近1年間はスマホアプリで勉強時間とその内容を管理・記録していたので、ご参考までにそれをご紹介します。

1回目受験時(2019年)の5月

先月に引続き、フォーサイトの教材を使って勉強していました。

5月からは模試を意識して全科目を横断的に回していましたが、当然、知識の抜け漏れは多く、復習にも相当な時間がかかってしまう状況でした。

特に、年金制度の振替加算や寡婦年金の仕組みなど、今振り返って見ると、うろ覚えの箇所が多かったような気がしています。

やはり、基本書に都度戻りながら、土台となる知識も固めないとうまくはいきません。

マークシート式の試験といえども、なんとなく勉強では合格できないことを痛感させられましたね。

5月はフォーサイトの問題演習を繰り返し行っていましたが、この勉強量で果たして合格できるのかリアルに心配し始めたのはこの時期でした。

結果として、不合格となりましたが…。

なお、勉強時間については80時間程度であったと思います。

【社労士試験】2019年・1回目の受験勉強に使用した教材
1回目の受験(2019年・第51回)では結果的に落ちてしまいましたが、参考までに使用したテキストと問題集をお伝えしたいと思います。フォーサイトのバリューセット2(テキスト+過去問+直前対策)1回目の受験(2019年)では約...

2回目受験時(2020年)の5月

勉強に使用した教材は以下のとおりです。

  • みんなが欲しかった!社労士シリーズ(教科書・問題集)
  • 月刊 社労士 5月号
  • 社労士V 5月号
  • 合格するための過去10年本試験問題集
  • みんなが欲しかった!社労士 ツボシリーズ
  • 大原トレ問2020

使用した教材は4月と変わらずです。

5月は「合格するための過去10年本試験問題集」を中心に、問題演習に特化していました。

間違えた問題は都度、基本書にも戻って丁寧に、理解していくような勉強を心掛けていましたね。

その分、時間はかかりますが、急がば回れの考えで取り組んでいました。

また、この時期は社会保険科目のなかでも、年金科目の復習を徹底していました。

択一式では、国年と厚年で20点ありますので、なんとか得点源にしたいと考えていたためです。

結果としては、上記の教材を十分にこなしたことでそれなりに自信を持てるレベルにまでは引き上げることができたように思います。

年金科目を得点源にまで引き上げることでのプラス面は大きいと思いますし、事実、過去問を見ていただければわかると思いますが、誰しもが得点源にできるはずです。

年金の制度自体は複雑というか分かりにくいですが、社労士試験の年金科目の出題問題には傾向がありますので、そこをしっかりと押さえて勉強することで得点源にすることは可能だと思われますので。

年金というだけで苦手意識を持っている方が多いと思いますが、非常にもったいないので、個人的には得点源にしてほしい科目ですね。

なお、勉強時間については82時間でした。

【社労士試験】2020年・2回目の受験勉強に使用した教材
私は今年度(2020年・第52回)の社労士試験を受験しました。そこで、ご参考までに私がどのような教材を使用して勉強していたのかについてお伝えします。

まとめ

5月はGWもありますが、社労士試験の受験生としてはなかなか息抜きもできない時期ではないかと思います。

周りが遊んだり、楽しんでいる姿を見ると、自分は何しているのかと自問自答することもあるかもしれません。

また、モチベーションが下がることもあるかもしれません。

そういう時こそ、社労士試験を受験する意味を改めて考えてみることが大事になるのではないかと思います。

自分にとって本当に必要であるならば、今このタイミングで勉強する価値はあるはずです。

時間は有限です。

その時間を何にどのように使うかは自身で決めることからも、悔いのない日々を過ごしたいですね。

5月は中間模試などが実施されることもあり、本試験が近づいていることによるストレスも増してくると思われますが、それに打ち克って、とにかく勉強を進めることをオススメします。

時間は有限!
社労士試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイリバをフォローする
スポンサーリンク