【司法書士試験】勉強記録~12ヵ月~

司法書士試験

司法書士試験の勉強を開始して、12ヵ月(2022年10月)が経過しました。

今回はその勉強記録を記しておきます。

※2021年11月8日から勉強開始

10月の勉強内容

  • オートマ会社法2:2周(5周目完)
  • オートマ不登法1:1周(6周目完)
  • オートマ不登法2:1周(6周目完)
  • オートマ供託・書士法:1周(3周目完)
  • オートマ先例集(不動産登記):1周(2周目完)
  • みるみる不登法:1周(2周目完)
  • でるトコ会社法:1/2周(3周目完)
  • でるトコ不登法:1周(5周目完)
  • ケータイ司法書士Ⅱ不登法:2周(8周目完)
  • ケータイ司法書士Ⅱ書士・供託法:2周(4周目完)
  • リアリ不登法:1周(1周目完)
  • PU不登法:2周(2周目完)
  • ひながた集(不登法):1周(1周目完)
  • 不登法記述式過去問(H28・元年):2周(2周目完)
  • クレアール答練R3(会社法):2周(4周目完)
  • クレアール答練R3(商登法):1周(3周目完)
  • クレアール答練R4(会社法):2周(5周目完)
  • クレアール答練R4(商登法):2周(4周目完)
  • 精選答練会社法①:2周(4周目完)
  • 精選答練会社法②:2周(4周目完)
  • 精選答練会社法③:1周(3周目完)
  • 直択過去問(不登法):1周(2周目完)
  • 直択過去問講義(不登法):完
  • オートマ講義:14回完(87回まで完)
  • 総チェック講義(会社法・商登法):1周(3周目完)
  • 会社法・商法セレクト:1周(5周目完)
  • 直前講座(書士):1周(4周目完)
  • 直前講座(供託):1周(4周目完)
  • 基礎20講義:1コマ(1周完)
  • 辰巳アプリ(不登法):学習率47.9%
  • 一日一論点:10月分完

振り返ってみると、順調に勉強できなかったところが本音です…。

勉強時間というか、中身の面ですね。

なんというか、答練や過去問の正答率の低さがすごく気になってしまったので。

それに加えて、記述式過去問の出来の悪さが拍車をかけることに。

反省の毎日です。

勉強時間

結果は以下のとおりでした。

202時間3分(累計2,032時間)

2021年11月8日から司法書士試験の勉強を開始したので、およそ1年間で2,000時間の勉強をしたことになります。

フルタイムの兼業受験生ということもあり、当然、体力的にも精神的にもつらい日々は数知れず。

ですが、淡々とこなしてきただけで、ものすごく頑張ってきたという感じではないのが実感ですかね。

もちろん努力することは尊いことですが、最も大事なことはとりあえず、司法書士試験に合格することなので、勉強時間はひとつの目安程度にして、とにかく結果にこだわっていきたいと思います。

11月の勉強予定

主要4科目に絞って、勉強したいと思います。

来月は主要4科目模試も控えていますので。

まずは、再び民法から始めて、不登法をざっくりとこなしつつ、会社法・商法・商登法に至るまで。

記述式の勉強を織り交ぜつつも、まずは択一の基礎固めに徹したいところです。

とにかく丁寧に、理解することを意識して。

そして、月初の計画通りに着実に進めていくことが大事ですね。

記述式の過去問に取り組んでみて

不登法の記述式過去問に取り組みましたが、ほとんど解けないことがよくわかりました。

物の見事に解けないですね。

解説を読めば、なんとなく意味は理解できますが、申請書を書けるまでのレベルにはありません。

単純に記述式の勉強不足といったところが大きいと思われますが。。

1問を解くだけでも相当な時間がかかることもわかったため、今後の勉強スケジュールにも留意したいと思います。

司法書士試験のハードルの高さを再び実感させられた次第です。

さいごに

今年も残すところあと2ヵ月。

あっという間に2022年が終わり、2023年に入りそうです。

ここまで時が経つと、勉強できる可処分時間はおおよそ掴めてきたので、来年の本試験から逆算しつつ、何をどこまで、どのようにこなすべきか、考えつつ走りたいと思います。

いろいろと障壁や言い訳したくなるようなこともありますが、絶対にあきらめないこと。

そして、必ず合格すると決めたので、やり抜きます。

必ず合格する。
司法書士試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク