【司法書士試験】勉強記録~7ヵ月~

司法書士試験

司法書士試験の勉強を開始して、7ヵ月(2022年5月)が経過しました。

今回はその勉強記録を記しておきます。

※2021年11月8日から勉強開始

5月の勉強内容

以下のとおり、マイナー科目のうち、民訴系3法および供託法・司法書士法に入りました。

  • オートマ民訴系3法:2周(2周目完)
  • オートマ供託法・司法書士法:2周(2周目完)
  • オートマ会社法・商法・商登法Ⅱ:1/2周(3週目完)
  • オートマプレミア4:1周(2周目完)
  • オートマプレミア5:1周(2周目完)
  • オートマプレミア7:2周(2周目完)
  • オートマプレミア8:2周(2周目完)
  • クレアール答練1(民訴系3法):2周(2周目完)
  • クレアール答練2(民訴系3法):2周(2周目完)
  • クレアール答練1(供託法・司法書士法):2周(2周目完)
  • クレアール答練2(供託法・司法書士法):2周(2周目完)
  • オートマでるトコ4(民訴系3法):2周(2周目完)
  • オートマでるトコ4(供託法・司法書士法):2周(2周目完)
  • ケータイ司法書士Ⅳ(民訴系3法):2周(2周目完)
  • ケータイ司法書士Ⅱ(供託法・司法書士法):2周(2周目完)
  • マイナー科目直前講座(民訴系3法):3周(3周目完)
  • マイナー科目直前講座(供託法・司法書士法):3周(3周目完)
  • 精選答練マイナー科目①:2周(2周目完)
  • 精選答練マイナー科目①:動画講義
  • アドバンス答練マイナー科目①:2周(2周目完)
  • アドバンス答練マイナー科目①:動画講義
  • アドバンス答練マイナー科目②:2周(2周目完)
  • アドバンス答練マイナー科目②:動画講義
  • アドバンスシートマイナー科目①:2周(2周目完)
  • アドバンスシートマイナー科目②:2周(2周目完)
  • 過去問向上委員会:動画講義15、18~20
  • マイナー科目向上委員会:動画講義1~9
  • 会社法演習:動画講義3、4
  • 辰巳アプリ問題集(不登法):学習率25.4%
  • 辰巳アプリ問題集(民法総則):学習率59.7%

勉強してみて気が付いたことですが、マイナー科目といってもしっかりと勉強すべき量はありますね…。

主要4科目と比べて量が少なく、重要度が劣るだけであって、科目単位でみるとやるべきことは多々あります。

本試験前の最後の暗記で詰め込むべきような論点もちらほらありますので、うまく調整しつつ頭に入れていきたいと思います。

勉強時間

結果は以下のとおりでした。

173時間58分(累計1,032時間)

GWがありましたので、休暇が多く恵まれた月でした。

ですが、久しぶりに風邪をひいて数日間、体調を崩してしまいました…。

仕事での疲労を考慮せず、気合いだけで根詰めて勉強してしまったためだと思われます。

やはり、体調管理は大切ですね。

今後は少し無理するくらいにしておきたいと思います(笑)

 

6月の勉強(予定)

マイナー科目のうち、憲法と刑法に取り掛かる予定です。

眠っていたそれらの新品のテキストと問題集がやっと出番を迎えることに。

とりあえずですが、憲法と刑法を終えることで択一式全科目を終えることになります。

主要科目ほどの量はないので、1ヵ月である程度まで仕上げていきたいと思います。

累計勉強時間1,000時間を突破してみて

想定していたよりも内容の進捗が芳しくないですね…。

量(勉強時間)としてはそれなりにこなしてきた感覚はありますが、まだまだ各科目の土台を築き上げている途上といった感じですかね。

事実、1,000時間超の勉強をしていきましたが、全科目を一巡することすらできていませんので。

1科目あたりの勉強の仕方もあるとは思いますが。

一般論ながら、司法書士試験で十分に戦える実力を身につけるまでには3,000時間程度の勉強時間が必要と言われていますが、そのとおりのような気がしています。

個人的には、こなすべきテキストや問題集などを勘案すると、3,000時間で合格できればスムーズなように思えます。

改めて司法書士試験の範囲の広さと難易度の高さを痛感している次第です…。

引き続き、本試験に本試験に向けて日々の勉強を愚直にこなしていきたいと思います。

山本先生のコラム

オートマシリーズの著者である山本浩司先生のコラムに励まされることが多々あります。

それらはテキスト(オートマプレミアシリーズ)の節目節目に「トークタイム」と題して掲載されているものです。

詳細は割愛しますが、マラソンの高橋尚子選手の話や御守りの話など、軽いタッチでの掲載ながら示唆に富んでいます。

それらにも都度振り返ることは大切な気がしています。

ちなみに、司法書士試験はあの山本先生でさえ苦労したとのことなので、私なんかが苦労するのは当たり前ですね…。

改めて、自身を律していきたいと思います。

さいごに

あっという間に2022年の折り返し月である6月に入りました。

気だるい梅雨から真夏にかけての気温上昇で体調的にもストレスが増えそうですが、ぶれずに勉強していきたいところです。

この時期、今年の本試験を受験される方々にとっては超直前期でストレスフルな日々を過ごしていると思われます。

体調管理には十分に気をつけて頑張ってほしいですね。

来年の今頃は私もそのようなストレスフルな日々を過ごしていそうです(笑)

その頃までには、しっかりと実力を身につけておけるよう精進ですね。

2022年の折り返し月!ぶれずに精進あるのみ。
司法書士試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
某兼業受験生をフォローする
スポンサーリンク