【司法書士試験】勉強記録~10ヵ月~

司法書士試験

司法書士試験の勉強を開始して、10ヵ月(2022年8月)が経過しました。

今回はその勉強記録を記しておきます。

※2021年11月8日から勉強開始

8月の勉強内容

民法の過去問や答練をこなしつつも、再び不登法を軸に勉強しました。

具体的には以下のとおりになりました。

  • オートマ不登法1:2周(5周目完)
  • オートマ不登法2:2周(5周目完)
  • でるトコ民法:1/4周(4周目完)
  • でるトコ不登法:1周(4周目完)
  • ケータイ司法書士Ⅰ:2周(6周目完)
  • ケータイ司法書士Ⅱ不登法:2周(4周目完)
  • クレアール答練R3(民法①):2周(4周目完)
  • クレアール答練R3(民法②):2周(4周目完)
  • クレアール答練R4(民法①):2周(3周目完)
  • クレアール答練R4(民法②):2周(2周目完)
  • 精選答練民法③:1周(3周目完)
  • 精選答練不登法①:2周(4周目完)
  • 精選答練不登法②:2周(4周目完)
  • アドバンス答練民法③:1周(3周目完)
  • アドバンスシート民法③:2周(4周目完)
  • 択一登記法10選:1周(3周目完)
  • 直択過去問(民法):1+1/3周(2周目完)
  • 直択過去問(民法):講義完
  • オートマ講義:36~57回完
  • マイナー論点講義:1周(2周目完)
  • 会社法・商法セレクト:1周(4周目完)
  • 直前講座(民訴):1周(4周目完)
  • 基礎20講義:1~14コマ
  • 学説解法テクニック:1周(1周目完)
  • 辰巳アプリ(物権):学習率100%(1周目完)

不登法に入ると司法書士試験の勉強をあきらめる人が多いそうですが、なんとなくわかるような気がします(笑)

民法まではとりあえず勢いでこなせてしまうのでしょうが、不登法になるとちんぷんかんぷんになってしまうことがありますので。

私は心折れずに突き進めていますが、???のような部分があるのは事実です。

具体的な手続きが見えてこないので、イメージしにくいわけですが、今の私にとっては本試験で得点できればよしなので、気にせず、とにかく得点できるように勉強しているところですね。

勉強時間

結果は以下のとおりでした。

208時間(累計1,619時間)

8月は夏期休暇といった恩恵もあり、まとまった勉強時間を確保することができたように思います。

兼業受験生にとって、休暇はありがたいものだとつくづく実感しています。

9月の勉強予定

会社法、商業登記法を再度勉強する予定です。

再び会社法の沼にはまりたいと思います(笑)

朧気ながら掴めている部分もありますが、局所的にしか理解していないような部分もあり、その辺りが特に気になっているため、オートマ講義でメリハリをつけて、改めて知識の整理を図りたいところです。

また併せて、不登法の過去問の積み残し消化や記述対策にもすこし触れておくつもりです。

9月もこなすべきテキストや課題は山盛りですが、焦らず一つ一つこなしていきます。

「受験の天王山を制する」の結果

8月は夏期休暇もあり、高校生の頃の感覚に戻るべく「受験の天王山を制する」と題して、集中して勉強する期間を設定しました。

たった3日間ですが。

結果としては、掲げたとおり、累計42時間きっちりとこなしました。

計画通りに1日当たり14時間の勉強をしましたが、頭というか首が痛くなりましたね(笑)

10時間程度の勉強時間であれば、そのような現象はまったく生じなかったのですが。

振り返ってみると、ほぼほぼデスク上にあるテキストに目を向けた姿勢でしたので、血流が悪かったのだと思われます。。

そのようなこともあり、当初は18時間くらい勉強できるのではないかと見込んでいましたが、14時間が目一杯でした。

首のケアには気をつけようと改めて認識した次第です。

なお、18時間チャレンジはまた別の機会にでも実施したいと思います。

さいごに

あっという間に夏が終わり、すこしばかり涼しくなってきました。

日々淡々と同じようなこと(勉強)を繰り返しているので、時の流れの早さを身に染みて実感します。

この調子でいけば、きっと来年の本試験もすぐに目の前で対峙することになっているのでしょう。

その日までは、言い訳しないでとにかく後悔のないように日々を過ごしていくだけですね。

日々是勉強
司法書士試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク