【社労士試験】試験合格に必要な勉強時間はどのくらい?

社労士試験

社労士試験は国家資格の中でも難関の位置づけです。知名度は低いですが。

一般論として合格に必要と説明されている勉強時間に対して、私個人としてはどの程度勉強したのかをお伝えしたいと思います。

一般論

資格学校等のHPを見てみると、社労士試験合格には約800~1,000時間の勉強時間が必要と説明されています。

仮に800時間でも1年間でその勉強時間を捻出するとなると、1日あたり約2時間超になります。また、1,000時間だと1日あたり約3時間程度になります。

社会人として、日々フルタイムの仕事をしている人だとなかなか大変だと思います。

資格学校の合格体験記の中には、600時間程度で合格されている方もいるようですが、かなり稀なケースかと思いますので、あまり参考にはならない気がします。

私の勉強時間

私は2回の社労士試験の受験を通じて、丸2年間勉強しました。

というか、1回目の受験では落ちてしまったため、丸2年間勉強することになりました。

その丸2年間の勉強時間のうち、計測していたものだけを合算すると、1,500時間は超えています。

1,500時間の内訳としては、1年目が約700時間超、2年目が約800時間超でした。

正直、ここまで勉強時間が必要な資格だと思いませんでしたね。

600時間程度で合格したという猛者を自分自身に当てはめて考えてしまったことは大失敗です。

結局、丸2年間かけて1,500時間の勉強をしてみて、本試験では選択式、択一式ともに約80%の得点率を確保することができ、なんとか合格ラインに達したという状況です。

まとめ

私自身の経験談として、実際に社労士試験の勉強をしてみて、確かに1,000時間程度の勉強時間は必要な気がします。

当然、勉強時間よりもその密度・質が大事ですが。

覚えなければいけない数字や仕組みが多く、理解よりも暗記の側面の比重が大きいため、試験間際の短期間で覚え込む短距離型の勉強よりも、今のうちから少しずつでも勉強をして覚えていく長距離型の勉強の方が社労士試験には適しているような気がします。

長距離型の勉強として、1日15分でも勉強を進めてみてください。複利効果があります。

その積み重ねがきっと、試験間際になった時の追い込み時や試験当日に絶大な効果を発揮します。

社労士試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイリバをフォローする
スポンサーリンク