【FP】つみたてNISAの運用結果(2020年度)

FP

NISAやiDeCo等、資産運用する方が年々増えていますね。

税制優遇も充実化されつつありますし、各金融機関の売り込み等もあって、認知度が上がってきていることも背景にあると思います。

資産運用すべきであると考えている私は、資産運用の手法としてつみたてNISAの他、企業型DC(確定拠出年金)を活用しています。

ちなみに、少額ながら株式投資もしています。

そこで今回は私の「つみたてNISAの運用結果」についてお伝えします。

ご参考にどうぞ!

つみたてNISAとは?

まず、簡単につみたてNISAについてご説明します。

2018年1月より始まった、特に少額からの「長期・積立・分散」投資を支援するための非課税制度になります。

資産運用(投資)にそこまで詳しくなくても、気軽に始めることができます。

そして、制度設計もシンプルです。

詳細の以下のとおりです。

対象者日本に住む20歳以上
非課税投資枠毎年40万円
非課税期間最長20年間
非課税対象投資から得られる分配金や売却益(譲渡益)
投資可能期間2018年~2037年
投資対象商品国が定めた基準を満たした投資信託

重要ポイントとしては、投資年から最長20年間で得た分配金や売却益(譲渡益)が非課税になる点です。

最長20年間にわたって、現在の20.315%の税金がゼロになるということです。

これは大きなメリットです。

つみたてNISAの運用結果

私は2019年より、毎月33,000円をつみたてNISAに振り向けています。

そのため、2019年度と2020年度の単年度運用結果、そしておよそ2年間の累計運用結果について、それぞれお伝えします。

※2020年12月29日時点の時価評価になります。

◆2019年度の運用結果(単年度)

時価評価額357,071円
累積買付額297,000円
トータルリターン+60,071円
時価評価損益率+20.23%

◆2020年度の運用結果(単年度)

時価評価額468,756円
累積買付額396,000円
トータルリターン+72,756円
時価評価損益率+18.37%

◆2年間の累計運用結果

時価評価額825,827円
累積買付額693,000円
トータルリターン+132,827円
時価評価損益率+19.16%
基準価額12,951円
保有数量655,887口
平均取得価額10,565.84円

今のところ、毎年着実にリターン(利益)を増やせています。

なお、投資(買付)商品は以下1本のみです。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

つみたてNISAとして、「長期・積立・分散」投資の効果が最大化されるであろうと考え、上記の投資(買付)商品に決めましたね。

2019年当時の投資(買付)商品の中からのセレクトです。

ちなみに、楽天証券でのクレジットカード払いによる積立投資(購入)にしていますので、楽天ポイントも貯まる仕組みにしています。

2019年度のつみたてNISAの設定以来、1年に2回程度しか運用結果は確認していません(笑)

投資(買付)商品を変更(スイッチング)することやそもそもつみたてNISAを解約すること等、一切考えていないためです。

いわゆる放置です。

このやり方(考え方)が、「長期・積立・分散」投資を狙ったつみたてNISAにおいては大事なスタンスであると考えていますので。

まとめ

元銀行員であり、FP資格保有者でもある私としても、資産運用することは非常に大事だと思います。

「資産運用すること=高リスク、危ない」ではなく、「資産運用しないこと=リスクあり」と捉えることが適切だと考えているくらいです。

というもの、余剰資金は貯金(預金)すべきと教育されていた時代はもうすでに終わっているためです。

インフレリスクの他、バブル崩壊後からの預金利率の推移や銀行破綻等を見れば、一目瞭然です。

そのため現状においては、貯金(預金)することが絶対的に悪いわけではありませんが、収入やライフプランニングを踏まえて、少しでも資産運用すべきだと思います。

お金にも働いてもらう感覚です。

もちろん、正しいやり方(手法)が大前提ですが。

なかでも、資産運用の1つの手法として、つみたてNISAはオススメですね。

マネーリテラシーが乏しかったり、投資初心者である方は特に。

正しいやり方(手法)で行えば、積立貯金(預金)感覚でほぼほぼ確実に資産を増やせるはずです。

もちろん、貯金(預金)を上回るリターンで。

それについて絶対と言いたいところですが、絶対とは言えません(笑)

ただし、過去数十年の金融マーケットの動きが暗示していますが。

つみたてNISAを始める際は、事前に自分自身でいろいろと情報収集する他、信頼できる人に相談してみることも一手ですね。

お金にも働いてもらう仕組みづくりで資産増殖!



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

FP
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイリバをフォローする
スポンサーリンク